途方もなく、夜が恋しい。