Nov
14
茨城県つくば市 OctBass LIVEのお知らせ
今晩は、
めっきりと秋ですね
本年度もインフルエンザが大流行の兆しだそうです。どうかみなさまご自愛ください
そしてわたし歌います
生まれて初めて茨城県で歌わせて頂く運びになりました
お近くの方、お時間ゆるす方、どうぞ遊びにいらしてくださいね
心よりお待ちしております


2019
12/14 Saturday
「XYZ 2nd Anniversary」

ENTRY FREE
Door ¥2,500 (1 Drink )
Student ¥1,500 (1 Drink )


Special Live Guest
嶋野百恵

7inch Release DJ
DJ YAMA (Groovemasters)


Guest DJ
DJ HALOON
DJ KUMIKO

DJ
コリコリ
KAITO
sea
APPIE
KAAMEN
TOMO
VOO
BUCCHI
NISHI THE ROCK
UME
END-O









  Permalink | 2019⁄11⁄14 | 4:07 AM
Oct
13
シス・カンパニー「死と乙女」

IMG_2019056.JPG


皆さま今晩は
猛威をふるった台風ハギビスはゆき去りましたが、ご無事でいらっしゃいますでしょうか
近年の異常気象について、地球温暖化が影響しているというのは先日のニュースにもあった国連でのグレタさんのスピーチでも覚醒できるところであるけれど (彼女のメッセージスタイルに賛否はあれど) 、それではいま何をすればいいのか、大量の温室効果ガスを排出する飛行機にいかなる改善をほどこせば? あるいはその他の移動手段は? などなど、じぶんが動くことに伴って排出してしまう地球に悪いものたちについてを、避難勧告のアラートが鳴り響くなか、ひとりで真剣におもって嵐を過ごしました
これからのわたしたちの真面目なテーマです
そして明けて本日、アリエル・ドーフマン氏作、小川絵梨子さん演出シス・カンパニー「死と乙女」を観劇してまいりました。
あっという間の二時間弱、コクのある狂気を表現する宮沢りえさんがほんとうに魅力的で、観ているだけで体がじりじりと熱くなりました。女優として腹をくくっているようすが素晴らしかったな
東京公演は終わってしまうけれど、これから大阪公演があるそうです
お近くの方は、是非劇場へ




  Permalink | 2019⁄10⁄13 | 11:01 PM
Sep
23
SUMMER - Kuala Lumpur Malaysia

IMG_2019055.JPG


IMG_2019054.JPG


IMG_2019053.JPG


IMG_2019052.JPG


IMG_2019051.JPG

夏やすみ後半はマレーシア・ペナン島からクアラルンプールへ移動
あちらへこちらへと、一見アグレッシブな向きな印象かも知れないけれど、その実ほとんどをホテルで過ごしたせいか、街の印象があまり記憶に残っていない。結局わたしはいつまでたってもどこに着陸したところで、こもりがちな地味な女のままなのです。それじゃあ旅行なんてやめてしまって、しっとりと日本で過ごしておけばいいものを無性に行きずり感覚でどこかへ行きたくなるものだから困ったものです

そして、クアラルンプールで滞在したホテルの朝食が滅茶苦茶おいしゅうございました。とりわけカリー&中華は、いままで宿泊したホテルで一番かも



IMG_2019050.JPG


IMG_2019049.JPG
台北ではまって以来の天香回味へ。火鍋最高



IMG_2019048.JPG
こんかいの旅のお供。ギャルソンのボックスバッグと、proenza schouler フラットシューズのホワイトトリオ
そういえばクアラルンプールの街中がドリアン臭でおおわれていたのは、ブームなのか


durian.jpg








IMG_2019047.JPG


IMG_2019046.JPG


IMG_2019045.JPG


IMG_2019044.JPG


IMG_2019043.JPG
なぜかプールサイドでは読書がはかどったり、雑念の刷新がはかれてしまう。不思議な場所です




IMG_2019042.JPG


IMG_2019041.JPG
ホテルに隣接するツインタワーの恒例花火だそう
たーまやー




  Permalink | 2019⁄9⁄23 | 4:20 AM
Sep
18
SUMMER - Penang Malaysia

IMG_2019040.JPG


IMG_2019039.JPG


IMG_2019038.JPG


IMG_2019037.JPG


IMG_2019036.JPG


IMG_2019035.JPG


IMG_2019034.JPG


今夏、一度行ってみたかったマレーシアはペナン島へ行ってまいりました。なかでも以前シンガポールで滞在をして一息でとりこになった「ラッフルズシンガポール」を建てたサーキーズ兄弟がこちらも手がけたという「E&O」での宿泊が目的というのもあり、到着から離陸までの数日間は堪能につぐ堪能。E&O、濃厚な優雅に隅々までが満ち満ちておりました。美しさをごちそうさまです。残念ながら本館HERITAGE WINGの改装工事で一部閉鎖されているエリアがありましたが、それだって塩梅はとてもとてもよきもので、タイのプーケットやインドネシアのバリ島あたりのメジャーどころも素敵だけれど、読みさしの本を読んだり、ぼんやりと想いをめぐらせる場所として、素朴で静かなペナンは絶妙の妙の場でした
こうなったらサーキーズ兄弟が手をかけたホテル、東南アジアの制覇をしたいな。あとはミャンマーのヤンゴンとインドネシアのスラバヤなのね


IMG_2019033.JPG

IMG_2019032.JPG


IMG_2019031.JPG

IMG_2019030.JPG


IMG_2019029.JPG

東京の自宅にはなかなか取り込めないコロニアル様式ですが、スタイルとしては大好物。いつかなにかにこの感じをまぶしたい
そしてE&Oはやはり照明と絨毯のトーンが素晴らしいものだった



IMG_2019028.JPG


IMG_2019027.JPG


IMG_2019026.JPG
E&O周辺。アートの街ジョージタウン「GALA HOUSE」にて白昼のマルガリータを数杯頂戴しました。バンコクほどギラギラせず、シンガポールほど生真面目ではない印象のマレーシアペナン。わたしの内奥ではビースティの「Don't Play No Game That I Can't Win」が連綿と鳴りやまず、なぜかしらペナンはビースティがよく似合う






  Permalink | 2019⁄9⁄18 | 2:44 AM
Sep
06
ちいさな秋、ライブのお知らせ
みなさま今晩は
この残暑をいかがお過ごしですか
いろいろとお話ししたい夏の出来事などありますが、今夜は歌唱のお知らせをば。

夏の終わりを告げる9月7日土曜日、白露
東京は広尾の名店「incanto」にて、12周年パーティーのライブゲストとしてわずかではありますが歌わせていただく運びになりました
かねてからお世話になっているオーナーの竹石さんは「ためらいの糸」をずっと好きでいてくださっているそうで、わたしにとっても思い入れのつよい一曲であり、自身がつくり歌う音楽としていちばん自分らしいレシピでパッケージがかなった作品のような気がします
そんな「ためらいの糸」も、パーティーでは心を尽くして歌う予定です
お時間のゆるす方、ぜひともお運びください
ご来場をお待ちしております


9月7日 土曜日

◯ 18:00〜20:30  (一部)
立食
50種類のワインフリー
¥10,000

◯ 20:30〜midnight  (二部)
LIVE
チーズとワインフリー
¥5,000

詳しくはこちら


IMG_2019025.JPG

IMG_2019024.JPG







  Permalink | 2019⁄9⁄ 6 | 1:03 AM
Mar
24
胸さわぎの春色
新元号の発表をまえに、日本がとても賑やかです。
お元気ですか
みなさま
花粉に毎日を毒されている方、わたしはまだまだ花粉症を患うには達していませんが、いつ何時そうなってしまうかわからないのが人生ですもの。仲間になった暁にはどうかよろしくお願いいたします

最近のわたしは、歌についてもそうなのですが、文章の企画や催事ごとのアイデアなどについて思う際に、必ずしも自分が主役である必要はないなあ、と、いやむしろ、主役でない方がうんと好ましい。と、絶対的な快音重視型へ傾向している節があり、どなたが歌ってらしても踊ってらしても、しびれる作品にわたしの感覚を編み込むことができれば、それはとてもわたしの気分に添っているなあ、という塩梅でいるのです。とはいえ、嶋野百恵の「531」から「Roots」「Girls Voice Studio 11」までをふと歌ってみたりすると、このプロデューサーはやっぱり素晴らしいな。このアレンジ最高。と、興奮がぶりかえすこともしばしばで、そんな日は、嶋野百恵名義で真新しいものを皆様に再度差し出したいとの願望がやまなくなることも繰り返しあり、まったくどうにも困ったものですな


IMG_2019023.JPG


わたしのさまざまなアイデアを具現化させるために動いてくれている友人タムチン(右)と、こちらもアイデアの交換や提案、ゴシップ与太話など。共存をしていてとても快適な才女・渡辺志保ちゃん(左)と、大人の会合



  Permalink | 2019⁄3⁄24 | 11:11 PM
Mar
13
途方もなく、夜が恋しい。





  Permalink | 2019⁄3⁄13 | 4:13 AM
Feb
12
続く。バンコク

IMG_2019021.JPG
バンコク滞在中に開催されていたBABを遊覧




IMG_2019019.JPG


IMG_2019018.JPG
ワットポーやアルンを尻目にチャオプラヤ川に揺られ、目的のスパトラ・リバーハウスで透明のトムヤムクンに舌鼓を打つ




IMG_2019017.JPG


IMG_2019016.JPG


IMG_2019015.JPG


IMG_2019014.JPG
滞在のあいだ、かなりの時間をかけてゴロついたホテルの中庭とプールハウス。快適



IMG_2019013.JPG
もっちもち、ぷりぷりの蓮つぼみ。わたしの感覚ではこの状態が一番に美しい





  Permalink | 2019⁄2⁄12 | 11:39 PM
Jan
27
六年ぶりのバンコクへ

IMG_2019012.JPG


IMG_2019011.JPG

IMG_2019010.JPG



IMG_2019009.JPG

IMG_2019008.JPG
滞在中、何度かいただいたルームサービスのガパオ。お上品なフレイバーで飽きがこない (ベッドで食べるのが最高)



IMG_2019007.JPG
だいすきなガラスシャンデリアが少なめだったホテルの天井も、この美しさ。見惚れてしまう



IMG_2019006.JPG

IMG_2019005.JPG
ホテルの中庭がとても素敵だったので、テラスからその色どりを眺望しながらお酒を何度も何度も。



IMG_2019004.JPG
バンコクでの足もとはフラットシューズ。ヒールの高いパンプスは、スタイルとしてもう履かないかも知れない



スパトラ・リバーハウスの「透明のトムヤムクン」、ONCE UPON A TIMEの「ココナッツトムヤムクン」。この二つを食する目的で、六年ぶりに一週間ほどタイランドはバンコックへ行ってまいりました
人生で十度目か十一度目かのバンコクでしたが、そこに広がってある景色はいつやって来ても何一つ変わらない気だるさと吹きつける熱波、そして稚拙な甘みを渇望させる街のオーラであり、ほんとうに独特な都市バンコクです






  Permalink | 2019⁄1⁄27 | 7:00 PM
Jan
03
二〇一九 亥

明けました、二〇一九年
新年おめでとうございます
皆様はどのような年初めをお過ごしですか。わたしは大好物であるおせちをたらふく頂きながら、ぼんやりとあなたのことを想っています
ここのところすっかり水中生活をおくっている模様のわたしではありますが、この年が皆様にとってご多幸であることを、そしてわたしにとって実り多き日々に成りますよう心より祈っております。
本年もどうぞよしなに


IMG_2019003.JPG


IMG_2019002.JPG


IMG_2019001.jpg


IMG_2019000.JPG









  Permalink | 2019⁄1⁄ 3 | 6:19 PM
Nov
29
女の解体
IMG_007.JPG


IMG_006.JPG

最近はおやすみをしているTobacco Candy のトモカからずいぶん前に「読んでみて」とすすめられた林 永子「女の解体」にようやく手がのびる。

二〇一九年は、女性の不可解さゆえの魅力について、音楽を通して皆さまと共有できるサイトなどを主宰しようと思っています。小さなプランですが、少しづつ準備をはじめていますので、情報が更新された際はこちらの日記でも紹介していきますね




  Permalink | 2018⁄11⁄29 | 11:38 PM
Sep
01
台灣太棒了 Taipei

RIMG_00007.JPG


RIMG_00006.JPG


RIMG_00005.JPG


RIMG_00004.JPG


RIMG_00003.JPG


久方ぶりの投稿になります
今晩は
お元気でしたか
わたしは先日とうとう台灣は台北へ入国をしてまいりました
まぶたを閉じればそこには小龍包や火鍋たちとの邂逅の数々が......。
美味しゅうございました
なにからお話すればいいのかしら、と足ぶみするほど満ち満ちていた十日間の夏休み in 台灣
この世界この時代にあってもまだまだ人生は捨てたものじゃない

だからわたしは、またあなたに会いたくなりました



RIMG_00010.JPG

RIMG_00009.JPG
いちばんの美味であった小龍包のお店「京鼎小館 」での目くるめく咀嚼快楽



RIMG_00008.JPG
台湾のイメージである真っ赤なBOW。ここ数年ほど心をうばわれているメゾン「VALENTINO」のヒールを持ちこみ





RIMG_00002.JPG

RIMG_00001.JPG
滞在をしたホテルの真向かいに偶然あった「天香回味養生鍋総店」にふらりと入店するも、完全にドハマりしたモンゴル薬膳火鍋。東京にも支店があるそうなので、必ずやまた
RIMG_00000.JPG
鮮やかな刺繍が施されたチャイナシューズは「小花園」で。












  Permalink | 2018⁄9⁄ 1 | 11:08 PM
Apr
21
草間彌生美術館 TOKYO

IMG_0000000004.JPG
美術館屋上のテラスに広がる東京の街ビルや夕陽のながめ。センチメンタル成分高めで思わずうっとり



IMG_0000000003.JPG


IMG_0000000002.JPG
エレベーター内の水玉レッド。今回わたしは行かなかったのだけれどレストルームも一面赤ドットだそう



IMG_0000000001.JPG


草間彌生美術館へ行ってまいりました
連綿と水玉の美しさがこだまする館内は居心地がよく、草間彌生さんの胎内にもぐりこめたような錯覚のまま二時間をかけてじっくり遊覧

関心があるかたは、予約のうえ是非お出かけください。

草間彌生美術館
住所:東京都新宿区弁天町107
開館日:木・金・土・日曜日および国民の祝日
開館時間:11:00〜17:00(入場は16:00まで)*1日4回の入れ替え制
チケットは公式ウェブサイトにて事前購入制(2ヶ月前の1日に発売)
TEL:03-5273-1778







  Permalink | 2018⁄4⁄21 | 3:35 AM
Feb
19
高麗屋三代襲名披露「壽 初春大歌舞伎」

IMG_000004.JPG


IMG_000005.JPG
草間彌生「わが永遠の魂」の中から寄せられた素晴らしい祝幕が、あたたかく場内を包む

IMG_000006.JPG


IMG_000007.JPG



IMG_000008.JPG
歌舞伎座のロビー絨毯......素敵。なにからなにまで素敵三昧



小さな春はもう、この手を伸ばせば接触可能なそこにあるという夜
今晩は皆さま
いかがお過ごしですか。
さいきんのわたしは歌舞伎がとても塩梅よく、少しおしゃれをして踏みなれない銀座の地をたびたびに訪れている次第であります
ご贔屓はもっぱらの高麗屋。全員が素敵!
そしてこの日は高麗屋三代襲名披露公演ということもあり、名だたる歌舞伎役者が勢ぞろい。京都の祇園で時折お見かけする中村時蔵氏や、おそらくいま日本でいちばん有名な歌舞伎役者市川海老蔵氏の晴れがましさも目の当たりにでき、エリカバドゥのライブ時同様のたかぶりが体内でほろほろ、と。至極の味わいでありました

それからインスタグラムに登録をしました。こちらの嶋野もどうぞよしなに


そしてわたし歌います。
きたる三月二日の金曜日、東京中野heavysick ZEROにて歌わせていただく運びになりました。わたしのブロックでLIBROも参加をする予定です
お時間ゆるすかた、お近くのかた、是非ぜひおでかけくださいね
心よりお待ちしております


二〇一八
三月二日 金曜日
「Coming upon 1st Anniversary」

Special Live :
嶋野百恵
MAHBIE

Special DJ:
ROCK-Tee
DJ MINOYAMA
Shimgo Takahashi (IUDP/Bee's knees Records)
KRUTCH (Y-Vine Production)
PINO
KAZY a.k.a La Melomania
HAYATO DELAROSSA
HALL

HUMAN BEAT BOX : 
YU-DAI

Resident DJ : 
DJ YOSUKE
CHIBA-CHIIIBA
NISHI THE ROCK ( GOOD PEOPLE / ピラニアブラザーズ)
にっちょめ


Infomation
heavysick ZERO
〒164-0001
東京都中野区中野5-41-8 カースク中野B1,B2F
TEL: 03-5380-1413









  Permalink | 2018⁄2⁄19 | 2:25 AM
Jan
10
二〇一八 明けましておめでとうございます

IMG_000003.JPG


IMG_000002.JPG


IMG_000001.JPG


IMG_000000.JPG

二〇一八年
明けましておめでとう御座います
みなさまはこの新年をどのように過ごされていますでしょうか
わたしは京都先斗町「紅楽」で素朴なお好み焼きを食し、下鴨神社の摂末社「河合神社」で新年を迎えました
さて、ここからは痛快にまいりましょう。

本年も嶋野百恵をどうぞご贔屓に








  Permalink | 2018⁄1⁄10 | 3:33 AM
TOP